ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

「お」が気になり…

っ…






先日、普段お世話になっている方に
(ほぼ最後の)お別れを言うことになりました。

ちょっと複雑なのですが…

「わたしが直接お世話になっている方ではない」のですよ。
※わたし側でお世話になっているけど、わたしが直接ではない
※わたしは「代理」だった


ですから「名前(苗字)を知らない」のです。

こちら側は「誰も知らない」です。
「相手の会社」は知ってますけど、その人は「あくまで担当の1人」。


例えば「何か製品」を作るにしても、
その会社が勝手に従業員を使って製品を作りますよね。

こっちとしては「誰が作ってるかはわからない」です。
あくまで「作業担当の1人」です。

仮に「Aさん」としましょう。


その日、Aさんと会って「ある作業」をする事になりました。
※「ある作業」はその日はじめて < そして「(たぶん)最後」

1年くらい(こちら側が相手の会社に)お世話になってて…
※こっちが「客」なのですけどね

普段から(作業員の1人として)Aさんがよくしてくれてるのは
知ってますし、その日もよくしてくれました。


で…

最後にわたしが、
「どうもありがとうございました」とお礼を言いました。

これが「最後かも」ですが、
やっぱりAさんの名前(苗字)くらいは知りたいですよね。

もし聞くとすれば「本人」か「相手の会社」です。
わざわざ会社に(担当の1人の)名前を聞くのも「変」ですし…


その時が「(本人に聞く)一番のチャンス」ですよね。

でもでもお互い、
1年くらい前から(たまにだけど)見ているワケです。
※相手はこちら(客)の名前を知っている

この状態で「今更」、
「あの~… お名前は…?」と聞きづらいです ←(笑)


ここで便利なのが「名刺」ですよね。

ただ、「作業員の1人」ですから
「名刺は持ってないかな」と考えちゃいました。

「持ってないかもだけど」、「名刺」の事を言えば
「名前(苗字)が知りたいんだな」と分かってくれるかもです。


すでに「ありがとうございました」と言った「後」です。

あとは「Aさんが帰る」だけ…

この間に、先ほどの事をいろいろ考え…
※名前が知りたい、名刺は持ってないかも、でも名刺と言えばなど


「あの… 名刺をいただければ…」と言おうとしました。
※持ってなくてもね

もう「喉まで出ている」時です ←Aさんが帰る為に振り向く直前


ん… 「名刺を」がいいのか、「お名刺を」がいいのか… ←(笑)

仕事関係なら迷わず「お名刺」と言うかもですが、
こちらは「客」としての立場。

わざわざ「お」をつけるべきかなぁ… とか考えちゃって…

「その間に相手が帰って、結局聞けなかったというヲチ」すら
頭の中で考えちゃって ←おぃ

「名刺… お名刺…」と頭の中を駆け巡り…


「やっぱり、言えないまま終了」となりました ←(笑)

これも微妙に、「1年前から知ってるのに失礼かな」
というのが頭の片隅にあったからでしょうね。

だからこそ、いただいた事のない「名刺」をいただければ…
と「言うチャンス」ではあったのですけどね~。

「お」もネックになりました。

今後また機会があればお世話になるのかもですが、
(通常は)お世話になる事がないような事なので…

「一生分からないまま終わる」のでしょう
顔アイコン画像

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

よしこチャ

Author:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請してみる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示