ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

写真紹介

ん…






今回は、以前のブログ(サービス)から
長くお付き合いいただいている
「お友だち」が撮った「写真」を紹介いたします。

ただ… 「いつもと違うタイプの記事」でして…

「自己の責任でご覧いただく」事を
改めてここに確認させていただきます。

不安な方は立ち去ってください。






それでは、ご覧いただこう。







彼女(お友だち)が、あるお祭りに行った時の事である。
年に1度の大きなお祭り。地元の人や観光客で賑わっていた。

メイン会場についた時、彼女はカメラを手にし1枚の写真を撮った。






記事内画像

一見何の変哲もない写真。

だがそこには、
この世のものとは思えない、奇妙なものが写りこんでいたのである!!

「えぇぇ~~~!!」
(やだぁ、こわい~!)



(CM)



投稿者の女性は祭りで賑わう会場で1枚の写真を撮った。

女性:「毎年楽しみにしているお祭りなんですよ」
※モザイク+ボイスチェンジ

(写真チラ映しで)

女性:「家に帰って写真を確認したら…」

(おどろおどろしい音楽と、なぜか女性の悲鳴アフレコ)


女性:「特に何も気になりませんでした」 ←おぃ



このパターンは書く方もツライのでやめます。

というか「投稿」してないし ←(笑)
※わたしが許可を得て使わせていただいてるダケです。



いえね…






記事内画像

黄色で囲っているところに、なにか見えませんか?
※オリジナル写真より少し「縮小」してます



記事内画像

該当の部分のオリジナルサイズです。



記事内画像

こんな感じに見えるな~って…


これは、400年くらい前に亡くなった女性の霊です。
※430年くらい前?

安土桃山時代ではありますが、関ヶ原の戦いより以前…

天正…
羽柴秀吉(豊臣秀吉)と柴田勝家との戦いがあった頃です。

この戦と彼女の死に直接関係はありませんが、これは…
殺されてますね。


同じ村の男性から斧で頭を…
幼馴染だった男性から殺されてます。

「地縛霊(じばくれい)」です。
※地縛霊:死亡した時にいた土地や建物などから離れずにいるとされる霊

まさに、ここで殺されたのです。

彼女の色が赤みがかっていますが、
それは彼女の恨みの強さをあらわしています。



記事内画像

近くにいる霊が引き寄せられているようです。

感じる人ならば、全体写真から
数体の霊を見つける事ができるでしょう。

しかし、よく分からない点があります。

強い思いは伝わってきますが、本当の赤色にはなっていません。
もうすこし霊視(れいし)してみると…

彼女は向かって「右」を見ていますね。

悲しく怯えているような表情は、
彼女が殺された時のものと思いましたが他に…

彼女よりさらに強い霊の存在を感じます。

視線の先… 撮影者がもう少し右を写していたら、
さらに違う何かが写りこんだ可能性があります。


ただ、ここは非常に神聖な場所のようです。

男性… 「甲冑(かっちゅう)」のようなものを身にまとい、
まるで彼女を鎮めるかのように重なって見えます。

彼女が殺される、もう何百年も前からこの地にいる…
霊とは違う何かを感じます。

彼女やその他の霊の怒りがこれ以上膨らまないのは、
この男性の存在があるからかもしれません。

しかし、これらの霊たちが
生きているものに助けを求めているのは事実のようです。


次に女性の顔の「下」の部分。
白い紐のようなものが見えますね。実はこれも霊なのです。

こちらは比較的新しいようで若い男性です。

数百メートル… 500メートルは離れていない場所に
大きく曲がったカーブがあるはずです。

近くに大きな建物… 病院… いや、学校のようなものが見えます。

そのカーブで、
スピードの出しすぎによるバイク事故で亡くなっています。



記事内画像

彼はまだ自分の死に気づいていません。



記事内画像

亡くなる瞬間の表情も見ることができます。

付近に強い霊がいる事と、
この日はお祭りという事で引き寄せられて来たのでしょう。

近くに来て通りかかったところを、たまたま写されたようです。



「じばく霊」ですね。


え?

「浮遊霊(ふゆうれい)」じゃないかって?

通常は「地に縛られた霊を地縛霊」と言い、
彷徨(さまよ)っている霊を「浮遊霊」と言いますね。

よく「地縛霊」と「浮遊霊」は対比されます。

間違いではありません。


彼は「じばく霊」です。


そう…



バイクで「自爆」したのですから… ←おぃっ



あと1つ気になる事があります。

これは… 撮影者と関係のある方かな…



記事内画像

このおじさんの背中(肩)を見てください。
2つの光を確認できるはずです。

「先祖霊(せんぞれい)」からの警告です。

と言っても安心してください。
おじさんは普段から「肩」に違和感を感じているはずです。

若い頃から肩を酷使していましたね。
「肩を大切にしなさい」という先祖からの警告なのです。

あらためてお墓参りをして、ご先祖を供養してあげてください。


撮影者の方は気づいているか分かりませんが、
このおじさんはまったく無関係の方ではありません。

あなたの写真を通じて先祖の霊が知らせてきたのです。


このおじさんの若い頃の写真を見ることができるのでしたら
是非とも確認してみてください。

先祖の霊が「頭に注意」という警告を発していたはずです。

おじさんはその警告に気づかず
「頭皮メンテナンス」をしてなかった
ようで… ←こら


この写真には様々な霊が写りこんでいます。

ですが、この地域には非常に多くの神社仏閣があるようで、
先祖の霊も綺麗な光で写っている事から
特に「霊障(れいしょう)」はないものと考えます。

しかしあまり気持ちがいいものでもないので、
「お炊き上げ」をしてもいいかと思います。


「1心霊写真につき70,000円(お炊き上げコースA)」。

お守りとして、
「こチャ壺(大)を1つ800,000円」にて販売しております。

セットにしますと、合計「870,000円」のところを
「850,000円」という大変お得な料金に設定しております。

また「春のキャンペーン」として4月中は「10%引き」。

「ブログを見たよ」と
お知らせいただくと、さらに「5%引き」になります。
※割引きは、お一人様「1セット限り」とさせていただきます


デジタルカメラなど、「デジタル機器」での撮影の場合には、
「データの入っているメディア」をお炊き上げする事になります。

また、データが「サーバー」に保存されている場合には
「サーバーごと焼き払う」事になりますのでご注意ください ←こらこら


という事で、お分かりのように
「解説などは全て、でっちあげネタ」になります ←長いわ!

しかし「写真のアレが何であれ、ああいうのが写って」います。

なんだろうなぁ…
顔アイコン画像

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

よしこチャ

Author:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請してみる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示