ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

懸賞と年賀(後半)

で…






前回の記事で、
「ある懸賞に応募する」話をしました。


突然ですが…

(日本郵便な)「はがき」や「年賀はがき」。

「書き損じ」や「印刷などに失敗した」モノは
「1枚5円で新しいモノと交換」してくれるのはご存知ですよね。
※もちろん「郵便で使った(消印のある)ブツはダメ」です
※(交換手数料は)「5円」または、応分の「切手」でもいいようです
※詳細はお近くの(クズかもしれない)郵便局で♪


で…

「懸賞」に使う「はがき」は
「以前に余った(使ってない)年賀はがき」を使ったりします。

今回、「何年も経ちすぎて色が変色」しているのもありました ←(笑)
※出す時に「ケラケラ」と笑いが出るくらい変色


で!!

わたしは「ハッ!」っとしたのですよ。


むむむ…

「もしも、年賀状な季節だとどうなるの?」



どういう事かお分かりですね。

・「懸賞」に出すハガキは、(今年ではない)以前の「年賀はがき」を使う

・「懸賞」には「応募期間」がある

・「年賀状受付」(年賀特別郵便物取扱い)な期間に出したらどうなるか


例えば、懸賞の期限が「12月25日」で、
「年賀状受付」が「12月15日から」だったとします。

12月15日「以降」に、(過去の)年賀はがきで応募すると…

もしかして「翌年の元旦」に「年賀状として届く」のかなと ←(笑)

そうなると「懸賞に出した意味が無い」ですよね…
※ふつ~に「年賀状」として「クイズに答えてるソレ」が届く ←(笑)
※まま、「局留め」などの場合もあるでしょうけど


今回のわたしの場合には、応募期間的に
「セーフ」ではありますが、気になったので聞いてみました。


聞いた結果…

・普通は、「今年以外の年賀はがきは、通常のはがきとして届く」
※「12月15日以降の年賀状受付」な期間でも
※懸賞だろうと年賀だろうと、今年以外のブツは「通常のはがき」状態
・ただし「絶対そうだとは限らない」 ←もしかして元旦に行くかも


対策としては「(日本郵便な)はがき」の「年賀(年)」に
「横線」などを引いて「年賀の部分を消す」のが有効です。
※これは当然

さらに「お年玉付郵便はがき」の場合には、
「お年玉(くじ)の番号」にも「横線」だと間違いが少ない。


まま、「対策」は基本ではありますが…

「以前の年賀はがきだと、通常のはがきとして届く」(場合が多い)
というのは今回はじめて知りました。

たとえば「わざと遊びで、古い年賀はがきを使って年賀状を出す」と
「普通にはがき」として届く可能性が高いようですね。


ただ、「年賀状な受け付け期間」だと、場合によっては
「これは間違ってるな」と気づいてきちんとしてくれる「場合もある」
らしいです。
※いわゆる「今年の年賀はがきと間違ってるね」と ←年賀状として扱う

もちろんコレは「絶対ではない」ようなので注意ですが、
「そんな変な出し方をするヒトも少ない」でしょうしね…
※わたしなら、「わざと」やる可能性がある ←(笑)


というお話でした
顔アイコン画像

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

よしこチャ

Author:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請してみる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示