ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

厳しく訓練

ん…
※「予約投稿」にしています






事務所で話をしていた時です。
※社員5名で話していた


・A子さんという方が一番先輩

・B男さんという方が二番目の先輩


それぞれ「入社した当時」の事を話していました。

B男さんは、
先輩のA子さんからいろいろ仕事を学んだのです。


でも…

男女差別ではないですが、どうしても
「男性の方が商品の事をよく覚える」という部分があったりします。

これまでの生活というか…

やっぱり「機械的感覚は男性の方があったりする」場合もあります。

また、女性は「仕事とはいえそこまで専門的には覚えない」、
覚える気もない部分もあり…

数ヶ月で、
「ある商品は、B男さんの方が詳しい状態」
となりました。


そうなると、A子さんとしてはお客さんから専門的な質問をされると
「自分じゃ分からないからB男さんにお願いしたい」となるワケです。

A子さんは非常に大人しい方で、何でも教えるし
イヤミなどもなにもない方です。純粋に「お願いします」状態。


ただ…

A子さんがB男さんに「説明をお願いする」時…

お客さんに「詳しいものと代わります」と言うのですよ。
※これ、現在もその光景を目にします(耳にします)

B男さんとしては、たしかにA子さんよりも詳しい部分はあるけど…
当時数ヶ月ですのでまだそんなに広い知識があるワケでもなく…


「どんな質問があるのか分からない」のに、
「詳しいものと代わります」と言われると… ね ←(笑)

どんだけハードル上げてるのよと… なるワケです。

単に「少々お待ちください」で担当を代わればいいだけなのに…

と、思っていたようですし、A子さんに「ちょっ!」っと
ツッコみは入れていたようです。

でも、お互いイヤミがないから別に問題にはなりません。


大人しい感じのA子さんが、無意識にそういう
「(詳しいものと代わりますという)振り」をしてるので
話をしているみんなで笑っていました。

B男さんは今では経営者の次に仕事に詳しいヒトになってます。

いわゆるB男さんの評価はいい方です。
※短期間でそんなに覚えたんだと


で…

その話を聞いていた、新入社員のC子さん。

笑いながら…



「あ~! じゃぁ~、
 A子さんがB男さんをシゴいたんですね~!」

と言ったのです…



「ブフッ!」っとなりかけましたよ。

我慢しましたケド ←何を


もちろん、仕事にある程度詳しいB男さんがあるのは、
A子さんのしごき(厳しい訓練)があったからですね…

という意味です。


が…

ほんっとにもぉ…


この瞬間に空気がかたまる事はなかったですけど、
なんとなく「声のボリュームが2~3割ほど小さくなった」
感じがありました。

むしろシゴいてるのは…

と言いたいところでしたが我慢しました ←なんのこっちゃ


世の中には「罠」が多い?
顔アイコン画像

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

よしこチャ

Author:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請してみる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示