ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

その後のHPなノートPC:バッテリー(その2)

じ…
※「予約投稿」にしています






前回の記事のつづきです。


HP(メーカー)なノートPC。
買って1ヶ月で「バッテリ異常:交換が必要です」メッセージ。

修理に出して(もちろん無料)、戻ってきてすぐに確認したら
変わらず「バッテリ異常:交換が必要です」が出ました。


わたし的には「メーカーが想定していない状態になっているのかも?」と思って、
自分でその可能性を調べてみる事にしました。

っていうか、「ある程度予想できていた」のですけどね。


このノートPC。「BIOS」(バイオス)な設定の中に、
「バッテリーケアファンクション」というものがあるのですよ。
※「Battery care function」

これで「最大充電量」を設定する事ができます。


以前も書いているのですが、このモデル(そして世の流れとして)は、
「バッテリーの交換はユーザー側で(基本的に)できない」仕様です。

わたしは「持ち運び(=バッテリー駆動)をする必要がない」ので、
基本は「電源ケーブル(実際にはアダプタ)を挿したまま」で駆動させます。

100%充電のままバッテリーを放置しますと劣化が早まります。
バッテリー駆動させる必要がほぼないのですが、
それでもやっぱりバッテリーは長持ちしてもらいたいのですよ。


バッテリーケアファンクションで、バッテリーの最大充電量を
「100%」、「80%」、「50%」の中から希望のものを選択設定できます。

わたしは「50%」に設定しているのですけどね。

で… 修理に出す前から「可能性」は考えていたのですが、
たま~に「バッテリー異常にならない」場合がありました。


予想はついていますが実際にそうか…

検証してみますと「やっぱり予想どおり」でした。


パターンが複数あるので全部の可能性を示すのは難しいですけどね。

・最大充電量を「100%以外」に設定(80%か50%)
で、
・電源ケーブルを挿している状態
で、
・充電されていない場合(設定した最大充電量以上充電されている場合)

に、この「バッテリ異常」が出るようです。


バッテリー診断で、バッテリーについて結構詳しく状況が表示されます。
※詳細表示

「製造日(表示は違う)」はもちろん、「充電できる容量(パーセント)」も出ますし、
「サイクル」の数まで出ちゃいます。

「サイクス数」とは、「充放電を何回繰り返したか」です。

たとえばですが、わたしは「ずっと電源ケーブルを挿している」ので、
「サイクル数は0のまま」です。

何かのタイミングでたま~に充放電があり、それが長い間で繰り返されて
「サイクル数が増える可能性もある」かもですが、
通常のバッテリー駆動から充電の流れよりは圧倒的に少なくなります。


まま、それはいいのですけど…

いろいろと詳しく情報が出るという事は、異常があるかは当然
「何かで判定」をしているはずですよね。


最大充電量を「80%」に設定して、「充電されていればOK」です。
これは「50%」に設定していても、「充電されていればOK」です。
※元々バッテリーに異常があればエラーは出るだろうけど


最大充電量を「100%」に設定していると、
「充電されていればOK」だし、「充電されていなくてもOK」です。

実際、使用と劣化で「設計容量、製造時の容量」よりも徐々に少なくなってきます。
ですから、「100%設定」でも当然「本当の(製造時の)100%にはならない」です。

という事で、「100%設定」でのエラーは
「容量が異常に少ない」や「電圧異常(?)」など「本当に悪いもの」が表示されます。


一方、ユーザー側で「80%や50%」に制限している場合。

恐らくですけど、「容量があるのに充電できていない!」
と判断しちゃって、「バッテリーが異常だよ」という結果になっているものと思われます。

たとえば、充電が30%しかない状態で、「80%や50%」に設定していても
「充電できていればエラーは表示されない」のですよ。
※普通に充電できているから


簡単に言うと、「まだ容量があるのに、(最大充電量制限のために)充電できていない」
事で「おかしいから、バッテリーが異常ですよ」という結果になっているのだと思います。


サポートに電話をしました。
やっぱり中国なお方でした。

以前も書いていますが、ほぼ問題なくやり取りができます。
それどころか一生懸命です。横着さはありません。


担当者(女性)でしたが、わたしの検証結果なども伝え…
電話先でも検証してくれました。

まったく同じ機種がなかったのですけどね。
同シリーズの13インチ(わたしのものは15)でやってくれました。

エンジニアのようで、さすがです。
わたしが言いたい事をすぐに理解してくれました。

相手が日本人でも、今回のパターンをすぐに理解できないヒトもいるでしょうしね。
日本語が「ほぼ」大丈夫だとしても、よくすぐに理解してくれたと感心します。


さらに同じ機種を用意して検証するので、
(数日かかるかもだけど)また電話をするという事でした。

2日後かな… 仕事中で電話に出る事ができず…

さらに数日後の土曜日(その時は休み)に電話がありました。


やっぱり「まったく同じ結果だった」という事です。

簡単に言うと「診断のシステムに抜かりがあった」という事ですね。


わたし的には、少しもムカつきません。
こういう事もあるでしょうからね…


メーカーとしては「連絡をしてくれて感謝!」状態です。


どうも、この「バッテリー診断」自体が新しいシステムらしく、
最近の機種で、さらに上位機種にしかついていないという事でした。

という事もあって、「完全に初の問い合わせ」。
メーカーが把握していない診断の不具合だったようです。


修理に出した時、当然「バッテリー異常」が出ていたようです。
わたしがやった事を再現したら、そのとおりに再現できたからです。

バッテリー交換後にバッテリーチェックをしても、
修理センターでBIOSの初期化をしているので(充電制限をしていない)
エラーは出ません。ですから、エラーは表示されずに送り返されます。

修理な場所で症状が出ていなければ(再現できなかったら)、
交換に時間がかかっていたと思います。


今回のパターンは
「充電制限している状態で、電源ケーブルを挿して充電できていない」
という簡単な状態ですけどね。

ただ、なかなかこのパターンにたどりつかないです。


元々「充電制限」を知らない方がいて、
知っていても必要性を感じてない方もいて…

さらに、充電制限をかけたヒトのバッテリーが
制限以上の充電状態で電源ケーブルを挿していないとダメだからです。

その上で「バッテリーチェック」をかけたヒト…
このバッテリーチェックも知らないヒトがいますからね。


もし「制限を低く設定」したヒトがバッテリーチェックをしたとしても、
多くのヒトは「充電のために電源ケーブルを挿す」からです。
※充電中ならばエラーが出ない

わたしは充電する必要がないけど、
電源ケーブルから直接電気を供給するために電源ケーブルを挿している…
※充電は減らない、充電されない状態だから、今回のエラーが出やすい


という事で、「判断するプログラムを修正」するまで時間がかかるけど、
異常がないという事になります。

よかった…

初HP(メーカー)なPCでしたけど対応もよくて感動しています。

っていうか、その後違う事で日本の大手メーカーにお問い合わせをしたのですが、
なんだか横着さがあるのですよね…

いえ… ちょっとした感じは丁寧なのですよ。
でもでも、どこか「相手を素人扱い」と言うか…

さらに本心を言わず… そして、「クレーマーへの恐怖」というか、
クレーマー対策をして、なんだか違和感がある対応になっています。

それは、わたしの仕事でもそうなのですけどね… 注意しないとです。


HPのサポートの中国な方は
(内心はどうであれ)一生懸命対応をしてくれます。

ちょっと手間がありましたが、
バッテリーが新品になって、とりあえずはよかったです
顔アイコン画像

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

よしこチャ

Author:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請してみる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示