ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

トンJPの2:その1

る…
※「予約投稿」にしています






よろしければ是非お読みください。


以前から「JP」(日本郵便)で、
いろいろとイヤな思いをしているのですが…



前回の話題(その1)

是非読んでいただきたいです。


そのうちの「もう1件」(その1)。
「同時進行」で「JPによる別件の問題」がありました。


前回のハガキの件で、「地元本局Aからの調査結果連絡を待っていた」日。
2月13日(水)なのですけどね。


JPが原因で調査が遅れ…
結局はさらにミスが発覚するのですけど…

調査から「1週間」目安にしていた結果報告待ちの
「2月12日(火)」を過ぎた「翌日の2月13日(木)」です。

※2月18日(月)の時点で「調査対象の宛名は誰?」というレベルのJPだったが…


「郵便局です」という電話だったので、わたし的には前回のハガキの件だと勘違い。
電話が女性になっていたので、担当者が休みだったけど結果報告かなと…
「はやくして欲しいと伝えたのに、結局1週間以上かかった…」と思っていました。


でも実際には「完全な別件」の電話でして…

どうも、「保険(かんぽ)」の話でした ←これは、この後で分かった

20代と思われる女性。ただ、話し方は営業な感じで、
話し方(だけ)は後輩に欲しいと思ったくらいでした ←(笑)


間違いがないように、(前回のハガキの件の郵便局である)
「地元本局A」かどうかを聞きました。

すると、「最寄り郵便局Bからです」という話でした。

そっか… 別件か~… で、聞くと「保険(かんぽ)」についてだったのです。


たしかにJPな保険に入ったのは「最寄り郵便局B」関係で入りました。
※最寄り郵便局Bの局長が担当


「保険の受け取りで、振込先の登録がないので登録をお願いします」
という感じのものでした。

もしもな場合(病気など)、保険の受け取りがある場合には「振込」になるらしいのです。
契約時に特に振込先の登録は言われていなかったので登録していなかったのですが…

まま、「営業も込みだな」とは思いましたけどね。
ただ、今後も同じような電話がかかるのもイヤですし、
どちらにしても振込先の登録はしていた方が楽だと思いました。


・窓口に行く(平日昼間は基本無理)
・家に来る(こちらが客とは言え、何もしないワケにはいかない)

ん~…

でもでも、「今度の土曜日は、臨時で窓口を開いています」との事でした。

折角の休日… でもでも、その土曜日だったら行けますし、家に来られるよりマシです。


という事で、「今度の土曜日の午前10時に予約」をする事にしました。


元々、前回紹介した「ハガキの件」だと思っていたこともあったので、
(ハガキの件の「地元本局A」ではなく)「最寄り郵便局Bからですね?」と聞きました。

そうしたら「はい、最寄りの郵便局BのB女です」と答えてくれました。

ただ、電話のこの「B女」さんは、今度の土曜日は休みだそうで
他の者が対応しますという事でした。

まぁこのB女さんは知らないですしね。誰でもいいです。

「16日(土)の午前10時に行きます」と伝えて(予約して)終わりました。


で!


その電話の2日後の15日(金)です。

またわたしのケータイが鳴り…

これが「最寄りの郵便局B」からだったのです。
※「最寄り郵便局Bの局長」という名前で保険加入時に登録していた

あぁ、「予約」をしているから「確認の電話かな」と思っていました。

そしたら本当に局長で、「お久しぶりです」という話になりました。
「最近はいかがですか。ご活躍は耳にしております」と…
※ちなみにご活躍はしておりません ←(笑)
※そう言われる理由は分からないでもない


いえね… 保険加入時に数度会っただけですけどね。
さすが局長です。

わたしも覚えていますので、「お久しぶりです」という事で話をし…


本題としては、
「保険の受け取りで、振込先の登録がないので登録をお願いします」
との事だったのですよ。

2日前に同じ「最寄り郵便局BのB女」から電話があって、
土曜日に予約までしているのに「局長から同じ話」があり…

「お名前は失念しましたが、
 明日土曜日に臨時で窓口を開けるという事で10時に予約しています」


と伝えました。


すると局長は… 「あ… それは失礼しました… ただ…」と言って…

「たしか『地元本局A』が、土曜日に窓口を開けると言っていました」、
「この、『最寄りの郵便局B』では『ない』です」と言いました。


「すぐに確認して再度電話いたします」という事で…


さすが局長…

ただ… 最初のB女は、『最寄りの郵便局B』と名乗って予約をしているのです。
※この時は名前を度忘れ状態

すぐに局長から電話があって、
「たしかに『地元本局A』で明日の土曜日にやっていて、予約も確認できました」
との事でした。

「予約した時の担当者さんは、『最寄りの郵便局B』と名乗っていましたよ?」

完全な「説明不足」ですよね。


「危なかったです、明日『最寄りの郵便局B』に行くところでした」と伝えました。
※この『最寄りの郵便局B』は休み


という事で、「前回のハガキの件」と同じ『地元本局A』」に行くことになりました。
※「郵便」と「かんぽ」では担当が違うが

しっかも、「B女」は『最寄りの郵便局B』では「なかった」のですよ。
※「地元本局A」に勤務

「最寄りの郵便局B」でわたしが保険契約をしたので、
「最寄りの郵便局BのB女」として電話をしてきたのでしょう。

分かりやすくするために言ったのでしょうから、「ウソ」とまでは言いませんが、
予約をさせておいて、
『地元本局A』への案内をしていないという…

※しかも、複数回「最寄りの郵便局B」かどうかを確認している

「最寄りの郵便局B」の局長から電話がなかったら、
本当に翌日は、「最寄りの郵便局B」に行っていましたよ…

これ、その辺の企業でしたらアウトですよ。
さすがJP…


前回のハガキの件での最初からミス連発もあってもう…


そして翌日、「地元本局A」に行ったのですが…

ココでまた「さらにすごい事」があったのです。

次回につづきます
顔アイコン画像

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

よしこチャ

Author:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請してみる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示