ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

その後のSteep(その2)

そ…
※「予約投稿」にしています






前回の記事のつづきです。
※Steep - Road to the Olympics(PC版:Steam)



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

日本の山だ~!



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

ん~、予想はしていたのですが…

今回の… えっとぉ…
ピエオングチャングなオリンピックですか…

このDLC(ダウンロードコンテンツ)の名前にあるように、
あくまで「Road to the Olympics」であり…

(たまたまソコで)「冬季オリンピックをやっている(やっていた)から」くらいで…

たしかにオリンピックの一部が表現されていますが、圧倒的に
「日本の山のマップに力を入れている」感じがありました ←ホントに
※別にピエオングチャングでなくても同じ競技を入れているハズ
※音声言語を見てもそうなのかも < この度のオリンピック開催なお国音声がない
※さらには日本語の(?)歌すら追加されてる



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

ジャンプな場所に「飛ぶ」って日本語で書いてますね。



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

凍っていない水(この場合には池)もあります。

水に落ちると「K.O.」となります。
※だからってどうって事ない < オープンワールド



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

日本は、「札幌」、「大雪山」という北海道2ヶ所。
さらに「蔵王」(山形)と「白馬」(長野)の山が入っています。



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

とってつけたような和風オブジェクト。

だけど、「日本を表現しようとした」という努力が… ←(笑)



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

恐ろしいほどの急斜面もたくさんあって、冒険心をくすぐられます。



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

オープンワールドですので、競技だけでなく
景色を自由に楽しむことができます ←今回のDLCでは日本のみ



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

こういう場所もあります。

ちなみに、こういう場所の「屋根」などを伝って降りる…
という競技もあったりします。



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

外人さんが作ると、
なぜかこんな感じ(表現しづらい)になりますよね…

それでも頑張ってると思います。

そそっ、和風テイストな音楽も入っています。
ただ、これも外国製なゲームで以前からあるのですけど、
和風テイストになぜか中華テイストが混じっていたりします。
※Kテイストはナッシング?
※Kテイストってなんだろ? < 病身舞(ピョンシンチュム)っぽいの?



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

たまにはオリンピックな競技もやってあげて、君が代を流しまくり。

この先に…
なんとかゲッソヨが… ないです ←スキね



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

本編、DLCといくつも地域があり、
(韓国以外は)かなり広いという事もあり、
時間などがあればさらに数十時間は遊べそうです。

まま… 実際にそんなにプレイできるワケではないですが…
※と言っても総合計で、大規模RPGクリアくらいはすでにプレイ済


このDLCって価格が高い(DLCのみの定価が3,888円)です。
※わたしはセールで買った

これは「オリンピック」(知的財産)(使用権)絡みがあるので
ある程度仕方がないのかもですね
顔アイコン画像

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

よしこチャ

Author:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請してみる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示