ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

ムーゲー:Layers of Fear: Masterpiece Edition(その2)

ま…
※「予約投稿」にしています






前回の記事のつづきです。

「Layers of Fear」(レイヤーズオブフィアー)という、
戦闘も死亡もないホラーゲームなのですけどね。


前回の記事で書いたように、
「キャンパスにかぶせられている布」をとるのが怖かったのですが…



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

コレでした…

まま、布をとるときに「怖い」と
思わせる部分はホラー的に成功だと思います。

ストーリーを進めていくと、徐々にこのキャンパスに絵が…



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

絵が多く出てきます。よく描かれていると思います。



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

わたし的な十段階評価で
「総合的な怖さを4」としているのですけどね。

もちろんヒトによりますが、わたし的には「3~4」程度です ←低い
※ある程度分かるまでは3以下だった

以前紹介している、アクションRPGのダークソウル3
の方が、びっくり怖さ回数が(圧倒的に)多いです ←(笑)

内容(主人公の状況)的に、精神的にくるものはあります。



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

お化け屋敷ゲーちっくではありますが、
突然ビックリが少ないです ←いいと思う

で…

実際にウロウロするのが、屋敷内ではあるのですが空想というか…

「サイケデリック・ホラー」としているので、
精神的、幻覚的な不思議な構造のお屋敷を歩くことになります。
※実際のお屋敷もありますが、主人公は精神的なものから不思議に見える



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

徐々に絵が描かれていきます。

で…

たとえば、「ドアから部屋に入って、振り向いたらドアがない」とかね。
「通路をいくら移動しても同じところに出る」とかね。

これはこれで怖さはあるのですけど、
不思議空間はわたし的に怖さを減らす要因にもなっているのです。

「それだったら(不思議世界の移動なら)なんでもありじゃん」みたいな。
幻覚な不思議空間にいる間は、ずっと不思議空間ですもん。

もちろん、そこにセンスのいい演出はあったりするのですけどね。

幻覚な不思議空間ではないのに、さっきまで
「あったものが無くなっている」などがほんの数回ある方がスキです。
※不思議空間だと何度でもそういうパターンがある
※不思議(不可解な)「現象」なのか、「そういう幻覚世界」なのか



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

実際にお墓を歩き、何か白い影を見る…
また、それが近づいてくる怖さの方が(怖くて)スキかな。

ホラーにはいろいろタイプがあるのでいいのですけどね。

振り向いたらいつの間にかドアが閉じていた…
同じ「いつの間にかのドア閉じ」でも、
不思議空間設定か、そうでない設定かで怖さが変わります。

わたし的に不思議な空間は「不思議演出頼み」という部分で、
怖さ自体は減っている感じです。



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

通常プレイだと3~8時間くらいがクリア目安になるのかな。
※探索具合による < 探索(方法)によってエンディングは変わる

知っていれば1時間半もあればクリア可能だと思います。

3つのエンディングのうち、記事を書いている時点で、
わたしは2つしかエンディングを見られていません…
※4回ほどプレイしたのですけど
※追記:その後、さらに4回プレイしてようやく全エンディングを見られた



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

こういう画面的な怖さもあるにはあります。

これ… エンディングに関係するのですけどね。
この状況(複数)を避ける方法もあります。

ただ、あるエンディングを見るには
最低限このような状況にならないといけません。
※複数の要因が絡むのでコレを見たからエンディング決定ではない



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

ストーリーというか、状況は探索していくと徐々に分かってきますが、
ハッキリと全体が完全につながるほどの情報はありません。

ただ… あるエンディングを見るために、
この上の画像の状態にもする必要があるのですが…

通常だと、この画面になる事が多いのですよ < 一般的なエンディング

で、あるエンディングを迎えるためには
この状況を絶対に避けなければなりません。

その後… さらに別のエンディングを見るためには、
やっぱり、最低限この画面にならないといけないのですけどね。

何度かプレイしてストーリーが少し分かると、
この画面になるという事は… どういう事か… < どういう状況か

というのが分かってくるので、分かると精神的な怖さが出てきます。



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

これはDLC(ダウンロードコンテンツ)です。

本編のストーリーをさらに詳しく(?)知るために、
本編な主人公(画家)の「娘」となって屋敷内を探索します。

これも「不思議系」なのですけどね。
※「回想」を含めて、不思議な画面が多い < さらに怖くない



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

こういうものも3Dで描画されています ←本編もそう



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

この記事を書いている段階では、
本編3つのエンディング中の2つしか見ていない状態。

DLCのプレイをしている段階では
「まだ1つしかエンディングを見てない」状況だったので
イマイチ(DLCの面白さが)分からなさすぎて…

これも探索のやり方で得られる情報がかなり変わるようです。

グラフィックや演出がさらにパワーアップしているので
それだけでも見る価値はあるっぽいのですけど…

「不思議感」もパワーアップしているので怖さとはさらに違ってきます。
元々、ストーリーをより知るためのものっぽいですしね。
※だからこそ、不思議感よりも現実感の方がよかった



記事内画像
※クリックで大きい画像を表示

ストーリー的に…

かなり悲しいです。


DLCをプレイしてストーリーをもっと知りたいなぁ…

謎解きなどは簡単。でもでも、エンディング分岐が繊細で
ゲーム的にそこまで楽しいとは思わないので苦痛な部分も…
※追記:その後DLCをプレイしてますがかなり苦痛(笑) ←面白くない

でも、もっともっと知りたい…


そんなホラーゲームなのでした
顔アイコン画像

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

よしこチャ

Author:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請してみる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示