ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

純粋な視点

っ…
※「予約投稿」にしています






お正月に「甥っ子」が帰ってきたという事もあって、
いくつか「ゲーム」をプレイ。

その時に、「違う視点」…
ん~、「純粋な視点」みたいなところがあったのですよ。

ソレをご紹介します。






記事内画像

「ハングオン(HANG-ON)」
※1985年、セガ、アーケード版



記事内画像

「疑似3D」なバイクレーシングゲームです。



記事内画像

スタート!



記事内画像

当時のゲームって…



記事内画像

「いきなり敵車がはやい」のですよ。

1秒経ってないのにこの離され方。



記事内画像

とりあえず、「前方彼方に一旦消える」ほどはやいです。
※自分が遅い(?)



記事内画像

このゲーム。というか昔のゲームで多いパターンで…

「順位は関係ない」のですよ。
※関係ないというか、順位自体が存在しない

「いかにはやくゴールするか」とか、
「スコアをどのくらいのばせるか」というのが目的です。

最初は、「制限時間内にクリアできるか」などが目標になります。


あくまで「敵車は邪魔してるだけ」で、
「1台1台に意味があるワケではない」のですよ。

単に「ランダムに出現してくるのを避ける」感じになります。
※上から隕石が降ってくるのを避けるゲームのようなもの


結局、「追い越す感じ」を出すために
最初は敵車から離されるパターンなのでしょうね。
※(少なくとも自分には)スタートダッシュなんてありません

ただ… この「最初にめっちゃめちゃ離される」事が
甥っ子的には納得いかないようで… ←(笑)


さらに…



記事内画像

いわゆる、「ランダムに降ってくる隕石と同じようなもの」ですので、
敵車を「いくら追い越しても次々と前方から出現する」のですよ。

1本道の場合。

8台中、7台を追い越したから自分が1位になって、
その後は前方から出現しない… なんて事は「ありません」。

ある一定のスピード以上で走行していれば、
必ず前方から敵車が出てきます。

邪魔なものがないと簡単ですし、面白さにも影響します。
※敵車が邪魔で、イラつく原因にもなるケドまったくないと…



記事内画像

レースゲームっぽい、「避けゲー」とでも言いましょうか…
左右に避けるだけっぽい部分はあります。

周回コースでは「なくて」、「一本道」。

甥っ子的には「レースゲームなのだから」という事で…



記事内画像

「次々と同じ色の車体が前から出現する」事が不思議なようで、
「ワープしてきた!」なんて言っていました。



記事内画像

いくら追い越しても、また前から出現します。

当時では「普通」なことです ←(笑)



記事内画像

言ってる事はすごく分かります。

でも、本気気味で「なぜ?」となると…

あぁ… 純粋なんだな~というか、
イマドキなんだな~というか ←(笑)

昔のゲームにあった「まぁそういう事なのよ」的な部分。
以前のヒトって許してる部分が大きかったって事ですよね。



記事内画像

そういえば、「さらに昔のレースゲーム」などでは
「敵車にぶつかっただけで大爆発」っていうのが「普通」だったようです。

このゲームですと、「横にはじかれる」感じになります。
※敵車はめっちゃ強い

その点、このゲームは敵車に当たっも爆発しないから
「ちょっとリアル」なのかもです ←(笑)
※ゲームデザインをした「鈴木裕」さんもそこを押してたような…

ただ…

コース外にある「障害物」に当たると…



記事内画像

このように爆発するのでした ←(笑)
※障害物に当たった場合には、必ず爆発します



「リアル」とのハザマにあった(?)ゲーム。

楽しいですよ
顔アイコン画像

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

よしこチャ

Author:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請してみる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示