ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

平成生まれの天才棋士

す…
※「予約投稿」にしています






すごいですね。

なんとかっていう囲碁なプロが、
「史上最年少で囲碁の5大タイトルを手にした」らしいです。

囲碁。よく知らないのですけど、ちょっと興味があります。

すごいヒトのようで、ある「TVな番組」で
(特集として)紹介されたようです。

わたしは「見てない」のですけどね ←(笑)
※TとかBとかSらしい ←わたし的に一生みなくていいところ


ソレを見たヒトが「すごい!」と反応しておりまして…

なにせこの「囲碁なプロ」。

「1,000手以上先まで読む」らしいです。


ここでちょっと注意です。

わたしが実際に見て確認してるワケではないので、
「1,000手以上先まで読む」と番組で紹介されたかどうか不明です。

が、いわゆる「そういう事を紹介したのは事実」っぽいです。


いくつか「すごい」と思うところがあります。

常人には「1,000手以上先までは読めない」ですよね。

もし読めたとして… 数えないです ←おぃ

数えなくとも「あぁ、今1,000手以上先を読んでるな」って
分かるくらいすごいのでしょう。


囲碁って通常「19x19」な格子のある「碁盤」に
交互に白と黒の石を置いていくのですよね~。

全部埋まったとして「19x19=361」です。

まず囲碁で「全部埋まることはない」でしょうけど、
まぁ埋まったとしても「361」です。



「1,000手先がない~ん!」
※1,000手先が無い



先にも書きましたが、「番組で1,000手先まで」と
言ったかどうかは「不明」です。

見たヒトによると「そう言った」との事ですが…


もしも「本当にそう言った(紹介された)」とすると、
「ない1,000手先まで読めることがすごい」なと…

もしかして、対局が終わっても「立つ」で「1手」。
「歩く」で「1手」。「トイレ」、「風呂」と数えていって
「寝ることまで手数で考えてるのかも」ですが… すごいです。


まま、「囲碁の事」だとして(1,000手以上先を読むのではなく)
わたし的には「先の1,000手以上を読む」と思っています。

「1,000手先はない」ですが、
分岐により「先の1,000手以上を読める」のでしょうね。


なにがすごいって、その「数えてる」とか
「数えなくても分かる」っていう部分もあるけど…

見てる方が「1,000手以上先を読む」と言われて
「納得どころか関心しきり」なところです。

実際に番組でそう紹介されてたら、それももちろんびっくりですし
「言い方が違う」としても「1,000手以上先」と思い込んで
ホンキですごいと思えてるところが… うらやましいです。


と思ってたら、「そこ(1,000手以上先)にツッコんでるヒト」
が他にもいて笑えました。

って事はやっぱり「1,000手以上先」って紹介されたのかなぁ…


もうちょっとよく紹介してあげればいいのに
顔アイコン画像

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

よしこチャ

Author:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請してみる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示