ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

何が該当するのか

か…






いつもの「どぉ~でもいい話」です。

「イノシシ」はご存知ですよね。「猪」。


わたしは「猪肉」は結構好きです。
焼いたりしても「豚肉」な感じがしてよろしいです。

きちんと処理されていれば非常においしいです。

微妙に隠されて残った「骨部分」を噛んでしまうと
「獣ってるねぇ~」なカホリ(香り)がしたりしますが…


日本も昔は、
「食肉の禁忌(きんき)」などあったりしたようですね。

「タブー」と申しましょうか。

ご存知のように、
お国によっては(宗教などで)「豚肉」が禁止されていたりします。

「豚」だけに「タブー」みたいな ←お約束の
※禁忌自体は豚肉に限りません


しかし、その間でも山間部などでは
「猪の肉」が食べられたりしていました。

ご存知かと思いますが、
「山鯨(やまくじら)」と呼んで食べてたりしたようです。

名前の由来は、
「鯨の肉に(猪の肉の)食感が似ていたから」らしいです。

(見た目で)「牡丹肉(ぼたんにく)」なんて言いますね。


っていうか、「禁忌」なのに「これは山鯨だから」って
喰ってるところが「抜け道」ちっく…

このルールがいいのでしたら、
禁忌されてても結構いろいろ食べられそうです。

「犬肉」の食感がしたら「山犬」と言うのかは分からないけど、
「そんな事はどうでもいい」のです ←おぃ


まま、「海の鯨(くじら)」がいて、猪を
「山鯨(山の鯨)」などと表現する
なんてよく考えてるとは思います。



あの… 突然ですか…

こっちの「田舎」の「お年寄り」によくあるのですが…

「病院の先生(医者)」の事を
「病院のしぇんしぇ~」って言ったりするのですよ。

「学校のしぇんしぇ~」とか。

実際には「先生」と言ってるつもりでしょうけどね ←(笑)



あの… 突然ですが…

「春」といえば、「山の幸」ですよね~♪


ただ、先ほどの話の感じで、「山の幸(やまのさち)」が
「山のしゃち」に聞こえたりするのですよ。


「猪の肉」が「山鯨(山の鯨)」で…

「山のしゃち(シャチ)」って、一体何の肉なのかな…
と「あえて」考えてしまうのです ←こらこら

「しゃち」は、もちろん海にいる「シャチ」ですね。
鯨の違うバージョンみたいなの ←適当すぎるぞ


シャチ。以前から食べられていたようですね。
※ポピュラーではなかったかもですが

という事で、場合によっては「何かの肉」を
「山のシャチ」と名づけられることもあったのではないか。


とまぁ「言葉遊び」から話を広げるのもたまにはね…
顔アイコン画像

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

よしこチャ

Author:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請してみる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示