ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

わたしの勘違い

は…






ちょっと前に
「叙勲(じょくん)」なニュースがありました。

「受章なされるお方」はよほど素晴らしいお方なのでしょうね。


受章されたヒトや内容を見てみると…

「それ、普通に仕事してただけじゃん?」と
わたし的に思っちゃうヒトが大勢おらっしゃいます。

「税」に関わってるヒトたちも大勢受章して…


(違法なものは除いて)
どんな「仕事」でも(世の中の)役割があり…

またその中でもたしかに「重要なポジション」もあるでしょう。

「○○業務に精励して○○事業の発展に寄与した」とか…
「そりゃたしかにそう」でしょうけどね。

「なんたら事務局長」とか「サツケー」とか「教育関係」とか
「なんたら理事」とかいろいろ受章されておらっしゃいます。


これって、その時に「その役をしてただけ」なんじゃないかと…
※一生懸命やって何かに貢献などしたのでしょうケド

業務に不真面目だったりすればもちろん受章は無理かもです。

あ… 本当は「モロに書きたい」のですが…


「その役をしただけ」というのは、「仕事」ですから。
「その役はある(用意されてる)」ワケです。

そのまま(真面目に)やれば受章されるような方が「もし」、
その前に病気や家庭の事情で、「その役」どころか
「仕事自体を辞めざるを得ず」辞めた場合。

「別のヒトがその役になる」のです。

ん~書きづらい ←(笑)

いわゆる、
「(叙勲は)こんなのでいいのですね」という感じがします。



いえ、これは「わたしが悪い」のです。

「叙勲」とか聞くと、
「よほどすごいモノ」かと勝手に思ってたダケですから。

「すごい」というのが…

仕事を熱心にする「以外」に、
「特別になにか恐ろしいほどの貢献をした方」だとか…
※業務外に他の誰もやらなかった事を特別にやって貢献したとか

「仕事」にしても、「肉体的、精神的、さらには金銭的」にも
「まったく割に合わない」のに「それでも何かに貢献しまくった」。

みたいな方「しか選ばれない」のかと…
ずいぶん前に思っていたものです。


まま、実際には「勲章」に種類があるのですけどね。

その種類によって、ある程度の「役」のヒトに
「受章させるために作ったようにも見えるものがある」のです。
※特にコームとかだと、自作自演的と思われても…

「いや! 自分は本当に頑張ったし貢献した!」
という方も多くいらっしゃるでしょう。そりゃ仕事ですしね。

そう言うのなら間違いないでしょう。でもそうなるとなんか、
「受章されてない(一般の)ヒトが貢献してないみたい」というか…

というか、「その勲章」自体が
そもそも「そういうもの」なのでしょうけどね。
※種類による


「だったら推薦すればいい」というのはあるでしょうけど、
そういう意味で書いているのではないです。
※「受章したい」、「受章させたい」の話とは違う


ですから、わたしの
「叙勲」に対する知識、イメージが大間違いだった…

と、「学生の頃に思った」のですよ…

毎年「受章者」な話を聞くと思い出します
顔アイコン画像

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

よしこチャ

Author:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請してみる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示