ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

近くの目医者(後半)

つ…






前回な記事からの続きです。


1週間ほど前から、
「風邪のような症状」で悩まされていました。

風邪っぽい症状ですが「微熱」で「鼻水少々」、「咳少々」な感じ。
そして「目やにが出まくる」のです。

「普通な病院(外科、内科など)」か「目医者」か悩みました。

症状重くなってから、4日目くらいに病院に行くことにしました。
その時には「ここまで目が治らないなら、目医者よね」となっていました。


でもって、前回の記事で紹介したような
「ウチの近くの目医者」さんに行ったのです。

お昼前に行ったのですけど、
「診察しているヒト(おばあちゃん)が1人だけ」という状態 ←(笑)
※もう1人いたけどそのヒトは連れっぽかった

その病院には、60代な2代目の「無愛想な院長」がいまして、
他に若いドクターを1人雇っているようです。

若いドクターはニコニコして、話しやすくなかなか好印象です。

わたし的には「院長がおもろい」のですけどね ←(笑)
※無愛想すぎておもろい ←不機嫌なのとはまた違う


前回の記事では、
「確かに目が悪いが、原因が分からない」状態でした。

今回も「ど~せそのパターンよね」と思いながら診察です。


ちょちょっと目を検査して…


院長:「あ~… なんかに感染したんだな」

ですって ←(笑)
※ほぼ独り言状態

わたし的に、「なんかってなんだ~」ですよね ←(笑)


「タオルは家族とは別」 ←これは常にそうしてます
「薬を出す」
「2、3日後にまた来て」 ←ダメなら薬をかえる

それだけ言って終了です ←(笑)


すると院長は「さっさと院長室に戻る」のです。

で… わたしは待合室に戻る前に「若いドクター」と話します。

他のヒトに聞いたのですが、みんな「そうしている」らしく
結局「院長の足りない説明を、若いドクターに聞いてる」パターン。

話しやすいし、丁寧に説明してくれます。
みんな(患者が)「諦めてる」っぽい ←(笑)


この記事を書いている時点では「結膜炎」らしいです。
※ウィルス性か細菌性か

まま、結膜炎でもいろいろあるので
「今のところ何がどうなったか特定はできてない」のでしょうけど…
※けっこ~キてます

というかですね…
前回の記事でも書いたのですが、
「普段はこの曖昧さでOK」で、あとは治ればいいのです。

初回からみょ~に時間とお金をかけて検査されるより
(治るならば)この「軽さ」でわたしはいいと思います。
※数日後にまた行くしね


期待を裏切らないドクターでした
顔アイコン画像

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

よしこチャ

Author:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請してみる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示