ホームへ インデックス             管理画面 掲示板へ

無慈悲

る…
※「予約投稿」にしています






ちょっと前に、NHKで「怖い話」みたいな番組をやっていました。
そう長く見なかったのですけど、ある1つの(怖い?)話だけ見ました。

その(怖い?)話を聞いて…
「という事は?」と思った事がありました。

いわゆる、直接的に語られていない部分を考えたのです。

語られ方によって微妙に違う部分はあるようですが、
「その滝」にある「観光協会」設置の看板を元にしています。


・鳥取県の「幽霊滝の伝説」(龍王滝) < 小泉八雲の「骨董」の元

・寒い冬の晩の麻取場で働いている女性たちが怪談話をしていた

・一人が「今夜これからたった一人で幽霊滝に行ってみたら」と言いだした
・みんなゾッっとしたが、もう一人が…
 「もし行く人があれば今日取った麻を全部その人にあげる」と言った
・すると「私もあげる」、「私も」、「私も」と全員が言った

・安本勝さんという大工の女房が、
 「皆さんが麻を私に下さるなら私が行く」と言った
※「勝」は「まさる」ではなく、「かつ」さん(のハズ)

・「それならお勝さん幽霊滝へ行ってお賽銭箱を持ってきてください。
 それが証拠になります」

・お勝:「賽銭箱を持ってきます」と叫んで、
 眠っていた吾子(あこ、わが子)を背に負って夜の滝に向かった

・滝の近くまで行くと、白々と氏神の祠と賽銭箱が見えた

・賽銭箱に手をのばしたその時「お勝っつあん」と滝の中から声がした
・ゾッっとして立ちすくんでいると、さらに「オイお勝さん」と声がした
・それは警告と脅すような怒気を含んだようだった

・しかしお勝は気を取り直し、お賽銭箱を手にして駆け出した

・麻取場に戻ると皆の前に賽銭箱を置いて幽霊滝の出来事を話した
・騎乗… 気丈なお勝に皆、同情の声を寄せて
 「こりゃあ取った麻を丸取りされるだけの値打ちのある人だ」と語り合った

・「お勝っつあん、背中の坊やが寒かろう…(など)」と、
 お勝がおぶった子供の紐を解くのを老母が手伝ったその時!
・(老母が)「アッ背中に血が」と叫んだ
・「血だ」、「血だ」と一同が驚いてよく見ると…
・子供の首がいつのまにか取られていた(首切り)(首もげ?)

というお話。


細かい部分で「ん?」というところもあるにはあるのですけどね。
今回は「掘り下げ」というか…

「お子様の首がとられていた」部分。いわゆる「罰」の部分ですね。
実際にそうだったとして、「どやつの仕業かな」と思ったのです。


「賽銭箱」を取ってくる(盗ってくる)。
その時に氏神の祠も見えていますね。

で、賽銭箱を盗ろうと手をかけると「お勝さん」と声が聞こえた。
「警告と脅すような怒気を含んだっぽい」です。

賽銭箱があるくらいですので、
お賽銭自体はほとんど「神か仏」に奉納されています。

この場合には、「氏神用」の賽銭箱の可能性が非常に高いです。
※幽霊滝と呼ばれていても、幽霊にお賽銭はあげないと思う…


結局、お勝が賽銭箱(金)を盗った事が原因で、
お勝のお子様の首を切ったと解釈できます。(いわゆるそういう話)


わたしがもしも氏神だったとして…
目の前の使えない賽銭(お金)を盗られたのにブチ切れて、
「あんたのお子の首を切ってやる~!」とお子の首をとっちゃうかどうか。
その能力があっても、お子様の首を切りません。

このように、もしも盗られた氏神がブチ切れて
お子の首を切ったのでしたらわたし的にかなり怖いです。
怒らせちゃや~よ! ←おい


で…

元々「幽霊滝」と地元では呼ばれていたようですね。ですので、
以前にも「何か幽霊滝と呼ばれるほどの何かがあった」のでしょう。

幽霊滝と呼ばれるようになった程の出来事がまったく出てこない…
というか、その後の首切り話のみになってるのは
解せないなどあるかもですが、ままそれは置いておいて…


幽霊ですので、話的にも怖がらせてナンボな部分はあるかもです。
幽霊滝は、元々が「首切りにつなげる最初の部分」ですもんね。
という事で、もしも「幽霊がお子様の首を切った場合」は…

これはなかなかの幽霊だと思います。

先にも書きましたが、お賽銭は幽霊のモノではないでしょう。
「幽霊さま~! ハイッ!」で「5円」を入れないでしょう…

話にも「氏神とお賽銭箱」がセットで出ていていますし、
「賽銭(金)は幽霊のものではなく、氏神のもの」ですよね。


幽霊は自分のものではない、
他人(他神?)のお金を盗んだ大工の女房(お勝)のお子の首を切る…

もしもそうだとしたら、「なかなかの正義感」というか…

まま、切られるべきは、
「実際に盗った大工の女房」(お子の母の首)ですけどね。
でも「こんな悲しい事になるよ」と教えるために、
お子様の首を切ったとすると…

行き過ぎではありますが、正義感からでしょう。


・お金を盗られた氏神がお子の首を切ったとしたらひどすぎる
 ※てめぇ~ワシの金を盗ったなぁ! 子供の首を切る!

・幽霊だとすると、(行き過ぎだけど)正義感
 ※氏神様のお金を盗ったな~! 罰だ~!
 ※ん… 氏神とグル(?) < でも、どっちお賽銭(金)は使えない


みなさんはどちらの仕業…
または他にあるならばどういう可能性があると思いますか…


ちなみに、細かい部分で気になるところは…

お子様の首を切られたとしてですね。
これはお話からして「首がなかった状態だった」と思われます。

帰りは、(頭分)軽かったろうな~とかありますけどね。
まま、それはいいのですよ。

お勝さんは、めっちゃ悲しいですよね。折角頑張って、
冬の晩に滝まで行って証拠のお賽銭箱を持って帰って…
自分のお子の首がなくなってるのですから…


まま、めっちゃ悲しいとして…
(気になるのは)「約束通り、皆の麻はもらえたのかな」みたいなね。

で… いつ「換金」したのかなというか…
お葬式が終わり… 「そろそろ麻を売りに行こうかな」みたいな?

まま、「お葬式で忙しいから、代わりに麻を売ってきて?」
みたいなお願いを誰かにしたかもしれませんけどね。
気になる部分ではあります。


っていうか… もっと言うとですね…

このあたりになるともう「ツッコみ」ですけど…


「今夜これからたった一人で幽霊滝に行ってみたら」と
誰かが言ったという最初の部分。そして、みんな賛成たのですよ。

で、結局お勝さんが行くと言い出したのですが…

「お子様を連れて行ってる時点で1人じゃない」ですからね… ←(笑)

出発した時、「すでに皆の麻はもらえない」のですよ。
な~に出発時点でミスって滝まで行って頑張ってるのよwww ←みたいな?


ん… だから… 1人という事で… 1人(お子様)の首が…

でもでも、「たった一人で幽霊滝に行ってみたら」ですので、
「行った時は、お勝とお子の2人」だからやっぱり麻はもらえないですね。
※戻った時は事実上の1人になったけど「1人で戻る話はない」
※どの時点で首がもげたかは語られてないケド < 予想ではやはり盗った後


って、そこまで深く考えるものではないですけど、
「どういう事なのかな」を掘り下げる(?)と盛り上がる場合があります。

ど~でもいいですけど ←(笑)


もしもお勝さんの首がもげてるとしたら…
滝からお子が戻れないですよね。

その後の捜索で、お子は生きて戻るかもですが…
皆の麻はもらえない。

お勝さんがその日取った麻は遺産になるので、
大工の旦那に半分。お子にも半分…

まま、ストーリーでは語られていないお子様がいるならば、
残った半分を人数分で割る事になり… ←もういいっちゅ


氏神の仕業とすると鬼のような罰。
幽霊の仕業とすると鬼のような正義感。

幽霊滝ではなく、鬼滝だったらどっちストーリーでもイケそうですが…


あ!
ちょっと別のところを調べてみました。
鳥取県内の各地にこのような話が伝わっていて…
お子の首をとったのは「天狗」とされている話が多いとの事です。

ん~、急に天狗が出てきてもね…
サスペンスな犯人が最後に突然出てきても「分かるか~い!」です。


何にしても、苗字も名前も晒されてるお勝さんって
顔アイコン画像

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

よしこチャ

管理人:よしこチャ

生徒B:「あうあう」

テスト的に作ってみました。
単なる個人のお遊びブログです
<(_ _*)>

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
サイト内(タグ)リンク
スカイリム
ゲーム
TV
T店
動画
サイト内検索
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示